2011年 7月分メッセージ

 
多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。
-2011年 7月分メッセージ-
東日本大震災は警告していた
 

 

人間はサインに気づけば、
ころばぬ先の杖で助かるようになっています。

 
宮城県の壊滅的な被害を受けた方から次のようなお電話を頂きました。「三月一日の朝日を見た時、びっくりしました。今迄に見た事がない『血』の色でした。

 

 


今度は夕日が気になり注意をして見ました。朝日と同じ血の色です。  
何だろう、次の朝も気になり、朝日を待ちました。ああ、又血の色です。  
何か怖い。三・一一の朝もでした。 

 
そして、真夏に出る入道雲がもくもくと出て、今度は黒い雲でおおわれ、何かが起きる、怖い… 

 
そして急に雪が降り、大地震が起き、アッと言う間に大津波でした」と電話がありました。

自然は必死で警告をと送ったのですネ。

どんなに医学、科学が発達しても、人間が生きるため、必ずサイン・SOSはあります。

誰でも、どこでも、いつでもわかる事が人生を救って行きます。

私はサインの確認作業を60年研究して来ました。

 
 

 

子どもはたくさんのサインを親に送ります。
淋しい時に送るのです。

サインを見逃がし、子育てを学問化してきた結果は、思春期にさまざまな問題が、ブーメランのように戻って来ます。

 
★ 外国の首相よりすばらしい激励文を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。
 
ドミニカ国政府
首相室

2011年6月9日

内田玲子様

 
この手紙を通じ、あなたからの激励の言葉への心からの感謝と、ご著書『平和への哲学』に対する深い御礼をお伝えしたいと思います。
 
あなたが絶えず世界に幸福と平和をもたらそうと願っておられることに刺激を受けています。私もドミニカとこの地域すべての人々のために同じ目標に向かって努力を続けたいと強く望んでいます。

災害から国を建て直すために努力されている日本の皆様に、善なる神様の祝福がある事を祈っています。

  

敬具
首相
 
ルーズベルト・スケリット
 
 
 
 


追伸

  「子どもは親の生活をコピーしています」・「すべての教育の原点は家庭教育にある」・「お母さんの手引書」の小冊子・「サインは子供の心の変化を教える」他5種類のカセットテープ(20分)・講演会DVD(60分)をご希望の方は、送料と共に寄贈させて頂きますので、事務所の五十川あてにFAXか、お電話で申し込み下さい。
TEL:0585-45-8693
FAX:0585-45-9287
2011年7月 内田玲子
 

今月のメッセージへ戻る

—All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE—

当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-

コメントは受け付けていません。