2011年 5月分メッセージ-

 
多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。
-2011年 4月分メッセージ-
 

子どもは親の生活をコピーしています 

子どもは親が育てた通りに育ちます。
親の心のクセもコピーしています。
子育ては競走ではありません。 

親がわがままなのか。
自己中心的で自分勝手なのか。
ほったらかしなのか。
もっともらしい理論で子育てを学問化しているのか。
親は子どもにとって最高の教師です。
幼児期に基本的な習慣を身に付けさせたかが、子どもの生きる力になります。
 
人間として順番を守る
赤ちゃんは誕生し、お座りして、ハイハイし、つかまり立ちして、一歩・歩く。
これが全人類の順番です。
順番を守った時は、子どもに生きる力がつき、役立つ人間に成長するでしょう。
順番を無視して、子育てを学問化し、情報に振り回された子育ては、心は育たず、必ずマイナスの結果となって答えは出るでしょう。
 
「子どもは三才までにその生涯に学ぶべきことを学び終わる」と言われます。 

たった千日(三年)です。
朝になったら起きて三度の食事をする。
万人がこのくり返しです。
子どもは親の生活を日々コピーしているのです。
朝はズルズル、ダラダラ、やっと起き、朝ごはんも作らず、たれ流しの情報をうのみにした子育ては、やる気が無い→無気力の人間が育つ事があります。
家の中は練習場です。

★ 「六月に続きます」 

内田 玲子 

 
★ 外国より又、すばらしいお手紙が届きましたので、ご紹介させて頂きます。
 

 2011年3月24日
 
内田玲子様   
                                  
あなたの国が経験した悲劇をどれほど心配しているかお伝えしようと思い、こうして手紙を書いています。あなたやあなたの愛する人たちが無事であることを願っています。  

覚えていらっしゃるかどうか分かりませんが、あなたは南米の小さなイングリッシュ・センターで教師を務める私、マリアナに何年か前に連絡して下さり、何名かの私の生徒もあなたのご著書のコメントに参加したことがあります。 

あなたは私たちにとってとても大切な人です。あなたの本を通じて生徒や私たちは考え、議論するようになりました。そしてあなたの国の驚くべき文化について学ぶ手助けをして下さいました。 

いま私たちはあなたの国で起きたことを目の当たりにして、圧倒され、ショックを受けています。それであなたを助けるために何かできることはないかと考えています。 

お元気でいらっしゃるよう願っています。

敬具

  

マリアナ・ビアンギーニ教授
シーサイド・イングリッシュ・センター
 
 追伸  
 
 
 
 

  「子どもは親の生活をコピーしています」・「すべての教育の原点は家庭教育にある」・「お母さんの手引書」の小冊子・「サインは子供の心の変化を教える」他5種類のカセットテープ(20分)・講演会DVD(60分)をご希望の方は、送料と共に寄贈させて頂きますので、事務所の五十川あてにFAXか、お電話で申し込み下さい。
TEL:0585-45-8693
FAX:0585-45-9287

 

2011年5月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

—All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE—
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-
 

コメントは受け付けていません。