2011年 2月メッセージ

 
多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。
-2010年 2月分メッセージ-

不  登  校

息子は、中三ですが、不登校をしています。


「内 田」
 

いつからですか。

「相談者」 
園に行っている時もいやがり、小学校になると休む事が多くなり、中学校に入ってから、ほとんど行っていません。

「内 田」  
息子さんの一日の行動を話してください。

「相談者」 
毎日夜は午前2時や3時頃までゲームをやっています。
起きてくるのは昼の12時で、毎日このパターンです。
いくら注意しても聞いてくれません。

「内 田」
聞かないでしょうネ、親の生活のクセをすり込まれ、コピーしているのですから。
いくら口うるさく言っても、よくなりません。
親のやらない事はやりませんので、人間の基礎・基本を親からやらなければ、子どもはやりませんネ。
このままですよ。

「相談者」 
今迄、不登校であちこちとカウンセリングを受けました。
息子を連れ回し、自然療法の言葉につられて、脳を落ち着かせるドリンクがいい、不登校の子はみんな飲んでいると言われ貯金を切り崩して、いやがる息子にこのドリンクを飲ませました。
それでもよくならないので、今度は「前世療法」がいいと言われ、おはらい等言われるままに間違った方向に走りまくり、息子をクチャクチャにしました。
息子は、「オレはこんな分けのわからない事を求めているのではない」
と叫ぶようになりました。

「内 田」
息子さんは、苦しいですよ、息子さんの言う通りです。
どのように育ててきたか、親の心のクセを認めるまで息子さんは、動きませんよ。

「相談者」 
私は、今迄いったい何をしてきたのでしょう。
息子に申し訳ない事をしました。

「内 田」
そうですネ。あなたが、本当に反省して生活の基礎を正したならば、間に合いますよ。自分に負け、学校のせい、物のせい、人のせいにするようでしたら、引きこもりまで行くでしょう。
中3ですが間に合うでしょう。
たった一回の人生です、一人の子どもを正しい方向に向けてやれないようでは、生きてきた意味がないでしょう。
頑張ってください。

 
追伸  
  「あなたは子どもの心の研究者」・「すべての教育の原点は家庭教育にある」・「お母さんの手引書」の小冊子・「サインは子供の心の変化を教える」他5種類のカセットテープ(20分)・講演会DVD(60分)をご希望の方は、送料と共に寄贈させて頂きますので、事務所の五十川あてにFAXか、お電話で申し込み下さい。
TEL:0585-45-8693
FAX:0585-45-9287

 

2011年2月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

—All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE—
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-

コメントは受け付けていません。